本文へスキップ

Will アカデミー

これからの子どもたちと日本のために...。

Willアカデミーは近年の子どもたちを取り巻く環境に危惧して発足しました。
必要な時期の“基礎学力”の定着や汗をかいて学ぶ“自分の価値観と生きる力”の育成。机上の学習だけでなく自然から共生すること学び、心も身体も健全な子どもたちを育てていくことが、今後の日本の明るい未来につながると考えます。

ギャラリー

イメージ01

寺子屋〜Will〜

少人数による一斉指導と個別指導による問題演習を併用。問題の解き方だけではなく、将来につながる学習の仕方を学びます。「知っている」から「できる」に変えていきます。

イメージ02

わくわく自然塾〜Will〜

小・中学生対象に春から秋の週末を利用して活動します。主に農作業を通じて自ら考え行動できる人間を育て、自分の“価値観”や“生きる力”を養います。イベントも開催します。

イメージ03

速読スペース〜Will〜

速読により潜在能力を開花させ、「致知」など良書を多読することで“心の健全な人間”を育てます。処理能力が上がり、試験はもちろん日常生活にも好影響をもたらせます。

イメージ04

ナチュベジ〜Will〜

塾生と共に無肥料無農薬自然栽培で育てた安心安全なお野菜を販売しています。この売り上げが“子どもの貧困”対策にも充てられ、塾に通えない子どもたちの通塾を可能にします。

ごあいさつお知らせ

 地元の学習塾で子どもたちに教鞭を執って30年間が経ちました。数多くの生徒を社会に送り出していきました。
 近年、道具として使いこなすべきスマートフォンなどに使われている子どもたち、物事を自分で判断できず、言われないと動けない子どもたち、狭い社会に閉じこもったまま思いやりの心を持てない子どもたちをよく見かけるようになりました。他にも現在問題視されている6人に1人が「子どもの貧困」という状態。子どもだけに限りません。社会に出たあと、経済・生活を理由に自殺する20代の若者の数は先進国でトップクラスといいます。とても正常な状態ではありません。根底に夢や希望、志を持つことができない社会構造があるのではないでしょうか。また、自分自身の問題として、他の人間と同じように何でもできなければいけないという幼少期からの思考の刷り込みがあります。つまり、勉強やテストをはじめとする様々なことが皆と同じようにできないと自分に対して自信を失ったり、他の人間と異なった行動や考え方をすることに対する罪悪感や嫌悪感を抱いてしまうことが挙げられます。本来、全ての人間に個性があり価値観・考え方に違いがあります。みんな違っていて良いということに気が付いていないのです。
 縁あって三芳町の明石農園で2年間の農業研修をさせていただくことができ、農業技術はもちろん、さまざまことを学びました。中でも障碍者の皆さんに活躍の場を提供したり、子ども食堂さんにお野菜を提供するなど社会貢献に尽力されていました。それを目の当たりにして「私に何ができるだろう?」と考えたとき、やはり今までの経験を活かした教育と農業を融合させ、子どもたちを健全に育て、自らの価値観と生きる力を身につけさせたいという結論でした。
 それを実現するためには従来の塾では不可能でした。私は4つの柱を基本に子どもたちを育てていこうと考えました。
 必要な時期に“基礎学力”を身に付けることはとても重要で、基礎力がなければ応用力や発想力も乏しくなります。そして、今後必要となる得られた知識を使いこす力。それらは“寺子屋〜Will〜"で身に付けます。
 自らの価値観と生きる力は、農作業を通して、土に触れ汗を流すことで学び、身に付けます。“わくわく自然塾〜Will〜"がその役割を担います。自然は自分の思った通りになってくれません。自然の偉大さを感じ、共生することを学びます。加えて野菜を育てることで、自ら“もの”を生み出す喜びを感じてもらい、自分の一番の幸せとは何かを考えるきっかけ、つまり、子どもたちに対する種蒔きです。
 “速読スペース〜Will〜"で速読を身に付け、改めて良書を多読します。アップルの創設者“スティーブジョブス"も我が子にはタブレット類を全く持たせず、読書に力を注ぎました。マイクロソフトのビルゲイツも同様なのは有名です。これで健全な心を育てます。1日5冊を読むことを目標とします。
 子どもたちが「ありがとう」と声掛けしながら育てたお野菜は“ナチュベジ〜Will〜”で販売もします。子どもたちは収穫だけでなく調整・出荷作業も行ない、生きた流通の学習もします。その売り上げで、金銭的理由で塾に通えない子どもたちの通塾を可能にします。詳細はそれぞれのページをご覧ください。
 考え方にご理解ご賛同いただける方のご入塾をお待ちしております。
塾頭:飯島強志

profile

Willアカデミー

〒357-0021
埼玉県飯能市双柳87-13
     アウトレット102
   TEL.042-978-9885
   FAX.042-978-9885





today
yesterday

ナビゲーション